日本緩和医療学会 第3回東海・北陸支部学術大会

大会長挨拶

日本緩和医療学会 第3回東海・北陸支部学術大会
大会テーマ:エビデンスとナラティブのはざまで

坂本雅樹

大会長:坂本雅樹
名古屋徳洲会総合病院 緩和ケア外科 部長

このたび日本緩和医療学会 東海・北陸支部学術大会の大会長を拝命いたしました。
東海北陸支部は8県を擁する大きな地域にまたがっているため、人口分布なども考慮し、支部学術大会は4年に1回は北陸で開催することが決まっており、第1回は名古屋、第2回は三重で開催され、第3回は名古屋で再度開催することになりました。第4回は北陸、第5回は静岡の予定です。
元々名古屋市立大学を会場に現地で開催する予定でしたが、日本を席巻している新型コロナウイルス感染の影響を考慮し、オンライン開催とさせていただきます。
皆様に直接お目にかかれないことは大変残念ですが、支部学術大会ならではのプログラムを準備しておりますので、皆様是非ご参加ください。

役員一覧